ここから本文です

スピッツ企画「ロックロックこんにちは!」がフォトブックに

音楽ナタリー 8月4日(木)12時0分配信

スピッツが企画するライブイベント「ロックロックこんにちは!」のフォトブック「BOOK BOOK KONNICHIWA! ~R2 need U, I need U~『ロックロックこんにちは!』20周年記念 後出しフォトブック」が発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

書籍には今年6、7月に行われた「ロックロックこんにちは!20th Anniversary Special ~R2 need U, I need U~」全出演者のライブフォトやセットリストを収録。またスピッツや、「ロックロックこんにちは!」第1回に出演したユニット・林英男のメンバーであるMr.Childrenの中川敬輔(B)と鈴木英哉(Dr)のインタビューも掲載される。「BOOK BOOK KONNICHIWA!」の特設サイトでは8月18日23:59まで予約を受け付けており、9月上旬より発送を予定している。

なお今年の「ロックロックこんにちは!」にはカジヒデキ、THE COLLECTORS、真心ブラザーズ、赤い公園、ORANGE RANGE、NICO Touches the Walls、OKAMOTO'S、RADWIMPS、キュウソネコカミ、Mr.Children、MONGOL800らが出演した。

最終更新:8月4日(木)12時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。