ここから本文です

老朽化したディーゼル車 来年からソウルで運行規制

聯合ニュース 8月4日(木)11時50分配信

【世宗聯合ニュース】韓国環境部とソウル市、仁川市、京畿道は4日、首都圏大気管理圏域(仁川市・甕津郡と京畿道・漣川郡、加平郡、楊平郡を除く)に登録されているディーゼル車の運行規制制度を導入する内容の協約を締結した。これにより、老朽化したディーゼル車は来年からソウルで、2018年以降には仁川市と京畿道で走行できなくなる。

 ソウルでは17年から、甕津郡を除く仁川市と京畿道の17の市・郡は18年から、ほかの首都圏大気管理圏域は20年からディーゼル車が規制される。

 対象車両は05年より以前に首都圏大気管理圏域に登録された104万台。老朽化したディーゼル車には粒子状物質の減少装置がついていない。

 今回の協約締結により、老朽化したディーゼル車104万台のうち検査を受けない、もしくは検査で不合格になった車両、低公害措置を履行していない車両は運転できなくなる。

 規制対象の車両を運転した場合、摘発されれば20万~200万ウォン(1万8200~18万2000円)の過料が科せられる。

 韓国政府は老朽化したディーゼル車を個人事業など生計のため所有している人に対し、低公害措置を取る際にかかる費用を全額支給することを決めた。

 また、環境部と三つの市・道は、規制に先立ち老朽化したディーゼル車所有者の低公害措置支援策を拡大する計画だ。

最終更新:8月4日(木)11時52分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。