ここから本文です

野沢啓佑、昇竜ハードラーは「メダルへの意識を持つ」 男子400M障害代表

デイリースポーツ 8月4日(木)10時28分配信

 リオデジャネイロ五輪の陸上競技男子400メートル障害に出場する野沢啓佑(ミズノ)が4日、成田空港発の航空機で直前合宿地の米ニュージャージー州に向け、同男子1万メートル代表の設楽悠太(Honda)、村山紘太(旭化成)らと出発。搭乗前の会見で、「メダルへの意識を心の中でしっかり持つ」ときっぱり語った。

 野沢は今年5月に48秒67の自己ベストをマークすると、6月の日本選手権では予選、準決勝、決勝の全てで五輪への参加標準記録を突破して初優勝し、文句なしで代表の座を獲得した。

 この日も「米国での調整でもうひと段階レベルを上げ、五輪では結果を残したい」という自信の言葉が自然と出る。早大3年時の4年前に座骨神経痛を発症しながら、その後に腰回りの腸腰筋を鍛える体幹トレーニングで克服。今年になってリオへの照準がピタリと定まった。

 開会式(5日)を2日後に控えたブラジルでは3日、女子サッカーの初戦が始まった。野沢は「自分もモチベーションを上げていきたい」と話し、リオでの楽しみを問われると、「選手村では他の競技の人と交流したい」とした上で、「自分がどこまで実力を発揮できるのかが一番の楽しみです」と目を輝かせた。

最終更新:8月4日(木)10時57分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]