ここから本文です

改正FIT法で急増する需要に対応、関電工がO&M専門会社を設立

スマートジャパン 8月4日(木)15時10分配信

 「再生可能エネルギー特別措置法」の改正により、再生可能エネルギーにおける「事業実施中の点検・保守や、事業終了後の設備撤去などの順守」が求められるようになっている。既に太陽光発電設備の新たな設置に対しては、2016年8月1日から認定ルールが変更。最長20年間の買取期間を通して事業計画が作られており、そのうえで発電設備を点検・保守する体制が事業計画に織り込まれている必要などが示されている(図1)。

 こうした背景から、盛り上がりを見せているのが再生可能エネルギーにおけるO&M(運転管理・保守点検)サービスである。

●O&Mの専門会社を設立へ

 関電工では2016年7月27日に、再生可能エネルギーにおけるO&Mサービスを専門に行う「エナジーO&M」を設立した。同社は関電工の100%子会社で、O&Mサービス業務に特化した専門会社である。営業開始日は2016年10月1日を予定している。

 関電工では以前から太陽光発電を含む発電事業を営んでおり、運営などに関するノウハウを蓄積している。同社では、改正FIT法に伴う急速なO&Mニーズへの対応や、所有発電設備の増加に伴うO&M体制の強化を目的とすると述べている。

最終更新:8月4日(木)15時10分

スマートジャパン