ここから本文です

自動車部品量産加工向けに省スペースなマシニングセンタ2機種を発売

MONOist 8月4日(木)11時3分配信

 ヤマザキマザックは2016年7月11日、自動車部品の量産加工ライン向けに、高速マシニングセンタを発売した。ラインアップは、立型の「UN-600/30V」と横型の「UN-600/30H」の2種となる。

 新機種では、主軸出力特性を見直し、加減速時間を短縮。自動車部品の量産加工に求められる、単位面積あたりの生産性を高めた。また、防塵(じん)仕様のLMガイドやボールねじを採用するなど、耐切粉対策を施している。他に、点検・整備・調整を簡略化するため、機械構造を改良するなど、稼働率を維持するために信頼性・保守性を向上させた。

 さらに、UN-600/30Vは極座標制御方式、UN-600/30Hは相対制御方式を採用し、機械幅を抑えている。これにより、限られた工場面積を最大限活用できる省スペースな自動化ラインを構築できるとしている。

横型マシニングセンタ「UN-600/30H」,c

最終更新:8月4日(木)11時3分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]