ここから本文です

「ヴァージン・スーサイズ」などアメリカの若者描いた作品をオールナイト上映

映画ナタリー 8月4日(木)12時55分配信

「アメリカン・ティーン and フォー・ストーリーズ」と題されたオールナイト上映が、8月6日深夜から翌朝にかけて東京・早稲田松竹にて行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アメリカの若者を主人公にした作品を中心に4本を上映する同企画。ラインナップには、フランシス・フォード・コッポラの孫であるジア・コッポラがメガホンを取った「パロアルト・ストーリー」、ハーモニー・コリンが女子大学生4人組の過激な春休みを描いた「スプリング・ブレイカーズ」、ソフィア・コッポラの長編監督デビュー作「ヴァージン・スーサイズ」が並ぶ。また、スパイク・ジョーンズが2体のロボットの純愛をつづった短編「アイム・ヒア」もスクリーンにかけられる。

アメリカン・ティーン and フォー・ストーリーズ
2016年8月6日(土)東京都 早稲田松竹開場 23:00 / 開映 23:20 / 終映 翌5:15(予定)<上映作品>「パロアルト・ストーリー」「スプリング・ブレイカーズ」「アイム・ヒア」「ヴァージン・スーサイズ」料金:一般前売り券 2000円 / 一般当日券 2200円 / 学生前売り券 1800円 / 学生当日券 2000円※前売り券は、劇場窓口にて販売中※18歳未満入場不可

最終更新:8月4日(木)12時55分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。