ここから本文です

空手 2020年東京五輪決定 喜びの会見で早くも金宣言

デイリースポーツ 8月4日(木)12時39分配信

 2020年東京五輪の追加種目に空手が決まったことを受け、全日本空手道連盟は4日、都内で会見を行い、4年後の金メダル候補が大舞台への思いを語った。

 12年12月の敗戦以降国内・国際大会無敗の清水希容(22)=ミキハウス=は「手の届かない、夢の舞台でしかなかった場所が現実になった」と笑顔全開。全日本選手権を史上最年少の19歳で制し、今年のプレミアリーグパリ大会で優勝した荒賀龍太郎(25)=荒賀道場=も「現役で五輪に挑めるとは思っていなかった。素直にうれしい」と表情を緩めた。

 全日本空手道連盟の笹川堯会長は「参加が決まった以上は勝つことしかない」と、早速金メダルを宣言。昨年の全日本選手権を制した植草歩(24)=高栄警備保障=は「夢見ていた2020年東京五輪で優勝できるように頑張っていく」と力強く抱負を語った。

 空手は沖縄が発祥の武道。現在では世界192カ国が世界空手連盟(WTF)に加盟し、愛好者は1億人以上とされている。

最終更新:8月4日(木)15時37分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]