ここから本文です

店員がシンクに入った写真をネット投稿 ピザ店の運営会社が破産

ねとらぼ 8月4日(木)11時15分配信

 アルバイト店員が不適切写真を投稿し炎上した「ピザーラ」のフランチャイズ店を運営していた会社ワンダーが、破産開始決定を受けた。東京商工リサーチが伝えている。負債総額は約2億400万円。

【炎上の原因となった写真】

 同社は1993年に設立し、埼玉県所沢市などでピザーラのフランチャイズ店を展開していた。2013年8月、アルバイト店員が冷蔵庫やシンクに入った写真を撮影してネットに投稿し炎上。フランチャイザーであるフォーシーズが謝罪文を発表することとなった。

 ピークとなる2008年3月期の売上高は約2億5050万円で、2015年3月期も約2億1000万円の売上高をあげたものの、騒動後は信用が回復せず、2015年10月ごろ事業停止に追い込まれたという。

最終更新:8月4日(木)11時15分

ねとらぼ