ここから本文です

【東京五輪・追加種目決定】スポーツクライミングの藤井快「いいモチベーション」

東スポWeb 8月4日(木)14時11分配信

 2020年東京五輪の追加種目に正式決定したスポーツクライミングを統括する日本山岳協会が4日、都内で会見を開いた。八木原圀明会長は「非常にうれしく、光栄です。スポーツクライミングは世界規模で、誰でもできるスポーツ。ここ数年、すごい勢いで競技人口が伸びていることを認められたのでは」と笑顔を見せた。

 ボルタリング、リード、スピードの3種目がある。通常は単独種目で行われるが、五輪では3つの複合で競われる。ボルタリングで現在ワールドカップランキング1位にいる藤井快(23=愛知)は「4年後に向け、より一層頑張らなければといいモチベーションになった」と抱負を語った。同女子2位の野中生萌(19=東京)は「責任を感じます。4年後は23歳でちょうどいい。メダルが取れる可能性があるので狙っていきたい」と意欲を燃やしていた。

最終更新:8月4日(木)15時59分

東スポWeb