ここから本文です

月亭方正が小倉優子にエール「こりん星に戻って癒やして」

東スポWeb 8月4日(木)16時24分配信

 落語家の月亭方正(48)が4日、鹿児島県薩摩川内市の竹バイオマス産業都市協議会「竹でイエを建てちゃおう!プロジェクト」の応援隊長に就任し、大阪市で行われた任命式に出席した。

 同プロジェクトは、薩摩川内市の竹を有効利用してインテリアや家具を作り、ゆくゆくは家を作ろうというもの。

 竹で作られた舞台に登場した方正は「初めて立たせてもらったけど、ギシギシいうかと思ったら全然いわない。柔らかくて歩き心地がとてもいい」とうれしそう。続けて「私たち落語家は、いつも扇子を持ち歩いてますから、落語家と竹ってすごく密接な関係にあるんです」と竹をアピールした。

 イベント終了後、方正は今週発売の「週刊文春」で、夫の不倫が報道された小倉優子(32)について「マジなんですかね? 僕も見たんですけど、今、ブームになってるこの流れで、大変なことになってんな」とコメント。不倫騒動が相次ぐ芸能界の流れに、小倉も巻き込まれてしまったことを心配した。

 バラエティー番組などで小倉と共演したこともある方正。最近は連絡を取っていないそうだが「優子ちゃんには、1回コリン星に戻って癒やしてから、違うキャラになって戻ってきてほしいなと思います。竹で家を作って、ぜひ癒やされてください」とエールを送った。

最終更新:8月4日(木)18時58分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。