ここから本文です

THAAD配備 韓国国防部「要請あれば星州の他地域検討」

聯合ニュース 8月4日(木)15時34分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は4日、朴槿恵(パク・クネ)大統領が米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の配備先を韓国南部・慶尚北道星州郡の星山砲兵部隊ではなく郡内の他地域にする案を検討可能としたことに対し、地元自治体から星州の他地域に対する可用性の検討を要請されれば、評価基準に従い検討すると伝えた。

 国防部はこれまで、配備先として他地域を検討する可能性を一蹴してきたが、朴大統領の発言を受けて立場を変えたもようだ。

 韓米は、米国がTHAADを配備する代わりに韓国政府が用地造成や支援施設などにかかる予算を負担することで合意している。

最終更新:8月4日(木)15時57分

聯合ニュース