ここから本文です

妻夫木聡とマイコが結婚へ、直筆メッセージ寄せ「互いに相手を思いやる心に惹かれた」

映画ナタリー 8月4日(木)15時12分配信

俳優の妻夫木聡と女優のマイコが結婚することを、双方の所属事務所を通して発表した。

2人は共演した2012年のドラマ「東野圭吾ミステリーズ」の打ち上げで意気投合し、その後交際に発展。妻夫木は、それ以前よりマイコがヒロインを務めた「山のあなた 徳市の恋」を観て魅力を感じていたそう。2016年春に妻夫木がプロポーズしたことで、結婚が決まった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

婚姻届はこれから提出するが、入籍日は非公開となる。式や披露宴については未定。現在同居しておらず、マイコは妊娠していないとのことだ。

このたび、連名の直筆メッセージも到着。「互いに相手を思いやる心に惹かれ、この気持ちを生涯大切に、そして共に年を重ねていきたく、結婚の運びとなりました。これからも支え合い、お互いの仕事により一層精進し、ささやかな幸せのある家庭を築いて参りたいと思います」と話している。

なお妻夫木は出演作「怒り」が9月に全国公開となるほか、「愚行録」の第73回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティコンペティション部門への正式出品も決定している。マイコは舞台「ガラスの仮面」の上演を9月に控えている。

最終更新:8月4日(木)15時12分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。