ここから本文です

三菱自の新開発小型ミニバンはSUVテイスト、2017年10月にインドネシアで生産

MONOist 8月4日(木)17時10分配信

 三菱自動車は2016年8月4日、「インドネシア国際オートショー2016」(一般公開日:2016年8月12~21日)で世界初公開する、7人乗車が可能な小型MPV(多目的車両)のコンセプトカーの概要を発表した。車両名称は「MITSUBISHI XM Concept(以下、XM Concept)」で、同社が得意とするSUVの力強さとMPVの多用途性を融合したという。同コンセプトを採用した新型車は、2017年から稼働するインドネシア新工場(西ジャワ州ブカシ県)で同年10月に生産を始める計画だ。

【「XM Concept」のデザインは「東京モーターショー2015」で披露した電気自動車SUV「eX Concept」とかなり似ている】

 XM Conceptは、レイアウトの最適化とワイドボディの採用により、7人がゆったりくつろげる居住空間を確保。同社が得意とするSUVらしいスタイリングや機能を融合させ、「安全に、快適に、楽しく移動できる、インドネシアの大家族に最適なクロスオーバー小型MPV」がコンセプトになっている。車両名称のXMは、コンセプトの「Cross(X)-over MPV」からXとMをとって命名された。

 フロントフェイスには、2015年4月発表の「アウトランダー」から導入を広げている、人とクルマを守る機能を表現したデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用した。ボディ側面には、エッジの効いた彫刻的なキャラクターラインと大きく張り出したフェンダー形状を採用してSUVらしい力強くスポーティーな印象としながら、デッキフォワード化によりフードからルーフへと続く流麗なラインを後方に向かって緩やかに落とし、リアクォーターピラーの後端を抜くことによって、伸びやかなキャビンを表現してMPVらしいスタイリングを実現している。

最終更新:8月4日(木)17時10分

MONOist