ここから本文です

アジア最強の映像団体決める「第2回新宿国際映画祭」開催、海外チームも参加

映画ナタリー 8月4日(木)16時47分配信

「第2回新宿国際映画祭」が、8月5日から7日にかけて東京・Gyoen ROSSO 198で開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

映画を中心にさまざまなフィールドで活躍する映像団体が競い、トーナメント形式でグランプリを決定する同イベント。前回グランプリを獲得した、「オー!ファーザー」の監督・藤井道人が所属するBABEL LABELをはじめ、ベトナム、ミャンマー、ブルネイなど海外から参加するチームも含む計12団体が参加する。60時間にわたって行われるトーナメントの末、「新宿国際映画祭アジアチャンピオン」に輝くのはどのチームか。飲食物の持ち込み、飲酒喫煙可となっているので気軽に参加してみては。上映スケジュールなどの詳細は、イベント公式サイトで確認しよう。

第2回新宿国際映画祭
2016年8月5日(金)~7日(日)東京都 Gyoen ROSSO 198開催時間:8月5日(金)12:00~8月7日(日)24:00料金:1プログラム 1000円 / 1DAYパス 1500円 / 3DAYパス 3000円※飲食物の持ち込み可、飲酒喫煙可※成人限定イベントのため、要身分証明書提示

最終更新:8月4日(木)16時47分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。