ここから本文です

日本ハム・大谷が東京五輪に意欲 気になる競技は体操に水泳も

デイリースポーツ 8月4日(木)15時58分配信

 日本ハムの大谷翔平投手が4日、野球・ソフトボールが2020年の東京五輪の追加種目に決定したことを受け、「選ばれてうれしく思います」と素直に喜んだ。

 侍ジャパンで国際経験を持つ大谷だが、五輪野球については、「WBCとはまだ違うと思いますし、五輪の野球はテレビでも見ていたので、世界と戦う選手というか、国を代表して戦うのは格好良かった」と感想。他競技では「体操の団体はすごかったと思います。僕も水泳をやっていたので、水泳はよく見ていました」と振り返った。

 開催年の2020年は4年後、大谷自身は26歳になる。「遠いようで短いと思う。やっぱり自分が野球界の上で見えるように、また、そういう選手になりたい」と侍ジャパンに袖を通す未来の自分をイメージしていた。

最終更新:8月4日(木)16時45分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報