ここから本文です

「おじいちゃんのノート」量産化へ ショウワノートが中村印刷所と業務提携

ITmedia ビジネスオンライン 8月4日(木)15時26分配信

 大手文具メーカーのショウワノートは8月4日、180度に水平開きができるノート「ナカプリバイン(おじいちゃんのノート)」を製造・販売する中村印刷所と業務提携し、共同で小学生向けのノートを開発すると発表した。来春の商品化を目指す。

【「ナカプリバイン(おじいちゃんのノート)」はこちら!】

 これまで「ナカプリバイン」の製造方法は手作業が中心だったため、1日300冊程度の生産が限度だったが、ショウワノートが持つ製造・販売のインフラを活用することで、「ナカプリバイン」の技術を使った水平開きができるノートを量産化する。

 今秋から小学校の現場で実証実験を開始し、ノートの強度確認や、けい線デザインの最適化などを行う。

 ショウワノートによると、「小学生や教員から『水平に開くノートがあると便利』という要望を受けていたところ、Webの記事で中村印刷所の存在を知り、依頼をした」という。

 中村印刷所は2014年10月に「ナカプリバイン」を開発。当時は思うように売れず大量の在庫を抱えていたが、今年の1月に従業員の孫が「水平開きができるおじいちゃんのノートです」などとTwitter上で宣伝したところ、数日で3万冊以上の注文が入るなど人気になっていた。

最終更新:8月4日(木)15時26分

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]