ここから本文です

煮えるドリンク、溶けるクレヨン……子どもやペットの車内放置に注意喚起する日産の動画がひたすらショッキング

ねとらぼ 8月4日(木)15時50分配信

 日産自動車が、子どもやペットの車内放置による事故を未然に防ぐため、「#熱駐症(ねっちゅうしょう)ゼロプロジェクト」を発足。その一環としてプロジェクトムービーを公開しました。炎天下に駐車され、高温となった車内の怖さが、嫌というほどに伝わります。

【溶けたクレヨンが流れて、絵を台無しに】

 映像は炎天下に放置した車の中を、タイムラプスで約1時間半、無人で撮影し続けたもの。開始から約20分で、車内温度は30度に到達。ペットボトル飲料のキャップがはじけ飛んだり、カフェオレのストローから沸いた中身があふれ出たりと、次第に異変が起きていきます。

 開始から約1時間が経過すると温度が45度にもなり、車内の異常はさらに加速。フィギュアが崩れて倒れたり、グミキャンディーが液状化したり、熱に弱いものがどんどん溶けていきます。ひええええ。

 終盤はアングルが後部座席へ。素朴なクレヨン画やおもちゃの存在が、子どものいる家庭を想起させます。そして絵に添えてあったクレヨンが溶けたのち、カメラがベビーシートを写すとともに、58度もの車内温度を表示。もしここに赤ちゃんが座っていたら……車内放置による悲惨な事故をほのめかして映像は終わります。

 JAF(日本自動車連盟)によると、2015年8月に発生したキー閉じ込み救援のうち、236件が子どもの車内放置だったとのこと。同団体が2012年に実施した検証では、気温35度の炎天下に駐車した車内の熱中症指数は、15分で人体に危険なレベルになるとされています。

 日産自動車はこうした背景を受け、プロジェクトによる注意喚起を開始。8月6日からはカーナビに真夏日情報を配信する「真夏日アラート」も実施されます。同社のテレマティクスサービス「カーウイングス」のシステムを利用し、真夏日を迎えるエリアでの運転時に、ナビ画面に警告を表示します。

最終更新:8月4日(木)15時50分

ねとらぼ