ここから本文です

AKB横山由依 甲子園の土に感激 AKB高校野球選抜チーム

デイリースポーツ 8月4日(木)17時40分配信

 AKBグループ総監督の横山由依(23)、NGT48の北原里英(25)、SKE48の高柳明音(24)が4日、都内で行われたイベント「熱闘甲子園 体感STAGE」にゲスト出演した。

 8日から始まるABC・テレビ朝日系「熱闘甲子園」のテーマ曲「光と影の日々」を3人を含むAKB高校野球選抜チームが歌唱している。

 同曲のMV撮影は甲子園で行われ、横山は「観戦に行ったことはあるけど、そこの土を踏むことが許されるんだろうかと思いました」と感激の面持ち。北原は去年の感動シーンに「本当に高校野球にはドラマがある」と涙を流し、高柳も「(今夏に)甲子園に一度足を運びたい」と誓った。

 応援するのは京都出身の横山が京都翔英、北原はNGTの地元・中越、愛知出身の高柳が東邦だという。

最終更新:8月4日(木)19時49分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。