ここから本文です

新型プリウスPHV発売延期。トヨタ発の異例の発表、その理由

エコノミックニュース 8月4日(木)14時23分配信

 トヨタがプラグイン・ハイブリッド車の新型「プリウスPHV」の発売を延期すると発表した。当初、今秋を予定していた発売時期を遅らせ、今冬にずれ込むとしたのだ。新型「プリウスPHV」は、6月15日に東京有明の東京ビッグサイトで開幕した展示会「2016 スマートコミュニティ・ジャパン」のトヨタブースで国内初公開したモデルだ。

 トヨタの公式なアナウンスでは、「お客様により良いクルマを着実にお届けするため、発売時期を延期することを決定しました。何卒ご理解賜りますようお願いいたします」としている。

 新型「プリウスPHV」は、軽く丈夫な樹脂でできたリアハッチゲートを採用する。が、一部情報によると、どうやらこのリアゲートの生産が遅れており、当初の発売時期までに必要な数がそろわないもようだ。

 関係者によると、トヨタは樹脂部品を多用したスポーツ車の生産実績がある元町工場(愛知県豊田市)で後部ドアを生産するが、安定的に量産するのに時間がかかっているという。

 2012年に登場した先代「プリウスPHV」の販売は低調で、昨年までの累計でグローバル販売は約7.5万台だった。しかしながら、今後は米国のZEV(Zero Emisshonn Vehicle)規制など環境規制強化や次世代インフラ実現に向け、「新型プリウスPHV」を投入する。当初、トヨタの発表によると新型プリウスPHVの生産は、年間5万~6万台規模になるとする強気の計画だった。

 トヨタは、系列部品メーカーに今秋の新型「プリウスPHV」の生産計画を下方修正すると伝えたとされる。10月の生産台数を約4000台から1500台程度に減らしたもようだ。

 新型プリウスPHVは昨年末に発売したプリウスHV(ハイブリッド車)をベースにしているが、ヘッドランプやフロントデザインを差別化、PHV独自の印象を強く押し出す。

 EV走行可能距離も大幅に進化し、従来比2.3倍の60kmを達成する。帰宅後に充電すれば、翌日の通勤は、ほぼエンジンを使わずに可能となりそうだ。EV走行時の最高速度も従来の100km/hから135km/hへと飛躍的に向上した。(編集担当:吉田恒)

Economic News

最終更新:8月4日(木)14時23分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]