ここから本文です

元スペイン代表バレロンが“現役復帰” 5部相当の地域リーグで来季プレー

デイリースポーツ 8月4日(木)18時3分配信

 元スペイン代表MFフアン・カルロス・バレロンが、スペイン5部に相当する地域リーグ、CDウニオン・アブリサヤクで来季もプレーすることになった。4日までにラス・パルマスの地元紙「カナリアス7」が伝えた。

 記事によると同クラブは約20年前にバレロンの家族が立ち上げたもの。代理人を務めていた兄が監督を務め、同じく選手だった別の兄が青少年育成の地域振興活動を進めている。

 バレロンは現在41歳。出身クラブのラス・パルマスに所属していた昨季終了をもって現役引退したが、わずか2カ月で“撤回”することになった。なおラス・パルマスの名誉キャプテンと大使の役目は引き続き務めることになっている。

最終更新:8月4日(木)18時3分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。