ここから本文です

阪神・青柳、故郷横浜で四回途中KO 福留弾の2点リード守れず

デイリースポーツ 8月4日(木)19時42分配信

 「DeNA-阪神」(4日、横浜スタジアム)

 阪神先発、ドラフト5位ルーキーの青柳晃洋投手が四回途中でKOされた。

 初回に福留の先制6号2ランで2点のリードをもらったが、三回、2四球の後に筒香の二塁打で同点されると、四回は三塁北條の失策からピンチを広げ、桑原に左前へ勝ち越し適時打を浴びた。

 横浜出身の青柳にとってプロ初の凱旋(がいせん)登板は3回2/34安打3失点(自責2点)に終わった。降板後の青柳は「イニングを投げられず、先発としての仕事ができず申し訳ないです。三回は四球から失点してしまい、自分の悪いところが出てしまいました」と反省の言葉を並べた。

最終更新:8月4日(木)21時11分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)