ここから本文です

ヤクルト山田32号3ランで由規援護 2試合連発

デイリースポーツ 8月4日(木)20時50分配信

 「ヤクルト-広島」(4日、神宮球場)

 ヤクルトが山田哲人内野手の32号3ランでリードを5点に広げた。

 先発の由規が6回無失点と粘りの投球を見せた。その裏の攻撃で由規の代打に出た上田が四球で出塁。犠打、四球で2死一、二塁となった後、山田が薮田の初球を右中間へ流してスタンドへ運んだ。

 由規の今季2勝目と、2011年9月3日以来1797日ぶりとなる本拠地・神宮球場での白星を援護する、2試合連続の一発となった。

最終更新:8月4日(木)20時56分

デイリースポーツ