ここから本文です

データ分析速度を100倍高速に──FPGAを利用、日立が新技術

@IT 8月4日(木)20時25分配信

 日立製作所は2016年8月3日、「FPGA(Field Programmable Gate Array)」を利用してデータ分析速度を最大100倍に高速化する技術を開発したと発表した。FPGAが内蔵するメモリを活用するカラム型データベース管理システム(DBMS)と、データをFPGAで並列処理する技術を組み合わせて実現する。

 これらの技術を、グループ会社のペンタホが開発したビジネスアナリティクスソフトウェア「Pentaho Business Analytics」に応用し、フラッシュストレージを用いたリアルタイムデータ分析システムのプロトタイプを構築した。このプロトタイプを使うことで、データサイエンティストに依頼することなく、大量の業務データをその場で、リアルタイムに分析できる新世代のセルフサービスBI(ビジネスインテリジェンス)環境を実現できるとしている。

 情報系(OLAP:オンライン分析処理)システムのデータ分析環境では、データ読み出しを高速化するフラッシュ化が進んでいるが、大量のデータを実際に分析する処理の高速化は図れていなかった。日立は、FPGAが内蔵する数MBのメモリ内にデータ管理情報が収まるように、データベースを細分化。さらに、データベースの処理手法を並列化することで、分析処理の高速化を実現したという。

 今後、超高速データベースエンジンを搭載した高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binderプラットフォーム」にも本技術を導入し、データ分析処理の一層の高速化を目指すとしている。

最終更新:8月4日(木)20時25分

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]