ここから本文です

広島・福井5回2失点も制球難で3敗目 今季最多の7四球「自分の責任」

デイリースポーツ 8月4日(木)23時17分配信

 「ヤクルト5-2広島」(4日、神宮球場)

 広島の福井優也投手(28)が、5回4安打2失点で3敗目を喫した。

 立ち上がりから安定感を欠いた。先頭の大引、坂口を連続四球で無死一、二塁。ピンチを迎えたが、後続を断ち無失点。二回に西田の三塁打と西浦の右犠飛で先制点を奪われた。五回は安打と2四球で2死満塁とし、西浦の右前適時打で2点目を失った。

 今季最多となる7四球。「投球で(攻撃の)リズムを作れなかったのは自分の責任だと思っている。ただ、その中で最少失点に抑えられた」と悔しさをにじませながらも、前を向いた。

最終更新:8月4日(木)23時22分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報