ここから本文です

「楽天オークション」が10月をもって終了 「ヤフオク!」に次ぐ国内オークションサイト

ねとらぼ 8月4日(木)23時11分配信

 楽天は、2006年から運営してきたオークションサイト「楽天オークション」のサービスを、2016年10月31日をもって終了すると発表しました。

【「楽オク」サービス終了の詳細】

 楽天オークションは、2005年に楽天とNTTドコモが共同出資で設立した運営子会社「楽天オークション株式会社」が運営。楽天市場で展開していた「楽天フリマ」とドコモのiモード、それぞれのビジネスノウハウを融合させたオークションサービスとして始まり、Yahoo! JAPANの「ヤフオク!」に対抗する国内オークションサイトとして注目されました。

 すでに8月4日15時30分から新規出品者や新規ショップは登録できなくなっており、9月1日には新規出品、15日には新規取引(入札・落札)や商品検索ができなくなる予定。楽天は代替サービスとして、個人向けには出品手数料無料のフリマアプリ「ラクマ」を、法人向けには「楽天市場」を勧めています。終了までのスケジュールの詳細は公式サイトで公開中です。

最終更新:8月4日(木)23時11分

ねとらぼ