ここから本文です

【NBA】元ニックスHCのD.フィッシャー氏、現役復帰を検討か

ISM 8月4日(木)16時52分配信

 元ニューヨーク・ニックスHCのデレック・フィッシャー氏が、現役復帰を検討していることがわかった。米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが現地3日に伝えている。

 フィッシャー氏は2日、“Imnotdoneyet(まだ終わっちゃいない)”のハッシュタグ付きで、自身がコートで練習に励んでいる動画をSNSに投稿。同サイトによると、フィッシャー氏は実際に選択肢を探っており、現役復帰への関心を口にしているという。NBA以外に、中国リーグでのプレーについても検討しているようだ。

 その一方でフィッシャー氏は3日、自身のツイッターを更新すると、現役復帰のプランは決定事項ではないとコメントし、先走る報道をけん制している。9日に42歳の誕生日を迎える同氏は、NBA復帰が実現した場合、リーグ最年長プレーヤーになる。

 フィッシャー氏は、NBAで18年間プレーし、ロサンゼルス・レイカーズで5度のリーグ制覇を経験。プレーオフの通算出場試合数(259)と通算勝利数(161)で歴代1位の記録を保持している。

 現役を引退した2014年にニックスと複数年契約を結び指揮官に就任したが、今年2月に成績不振を理由に解雇された。1シーズン半の在任期間での通算成績は40勝96敗となっている。

最終更新:8月4日(木)16時52分

ISM