ここから本文です

永作博美ら、アンティーク浴衣で打ち水「背筋が伸びる」

オリコン 8月4日(木)12時35分配信

 女優の永作博美らが4日、東京・日比谷シアタークリエの玄関で行われた舞台『頭痛肩こり樋口一葉』お披露目会見および打ち水イベントに出席した。

【写真】井上ひさしさんが生前セレクトした浴衣姿を披露

 永作らキャスト6人が着用した浴衣は、同作の作者である井上ひさしさんが約30年前にこまつ座旗揚げ公演の衣装として選んだもので、以降井上家三代にわたり大切に保管されてきた。“アンティーク浴衣”に袖を通し、打ち水を行った永作は「気持ちがいい。背筋が伸びる」と笑顔で、愛華みれも「浴衣を着たらパワーが倍増しました」と語った。

 1984年に初演された同作は、井上さんによる人気戯曲で、樋口一葉の19歳から死後2年までの盆に焦点を当て、一葉の母、妹、樋口家を訪ねる女性たちを描くファンタジー作品となっている。

 あす初日を控え、座長の永作は「けいこに入って改めて難しさに気付いた。話の奥深さに驚いている」と苦労を明かしつつ「面白いと思う、なかなかこの時代に力強い作品を観る機会はなかなかない。あすの活力にしてほしいし、なると思う」とアピールした。

 そのほか、若村麻由美、熊谷真実、深谷美歩、三田和代も出席した。舞台は今月5日から25日までシアタークリエで上演され、9月より兵庫、新潟、宮城、山形、滋賀、長崎、愛知を回る。

最終更新:8月4日(木)13時17分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。