ここから本文です

関暁夫、決めゼリフをSiriが採用「人工知能が世の中を作り出している」

オリコン 8月4日(木)19時11分配信

 “Mr.都市伝説”の呼び名で知られる関暁夫が4日、都内で著書『Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説6』出版記念イベントを開催。イベント前に行われた囲み取材で、自身の決めゼリフ「信じるか信じないかはあなた次第です」をSiriが採用していることを明かし「今は、人工知能が世の中を作り出している。これは、確実に『やりすぎコージー』っていう番組をモニタリングしているということですよ」と不敵な笑みを浮かべた。

【写真】著書を片手にスーツ姿の関暁夫

 関係者によると、同書にも記載されている“あるワード”を何度もSiriに質問すると「信じるか~」との返答があるようだが、関は「『やりすぎコージー』を通して、私が話したSiriに隠された秘密を、皆さんが書き込んでしまっているんです」と警告。「だけど、とりあえずSiriからこのワードが返ってきた人たちは、人間選別上、今は助けられている人だと思います。自分たちが思っている以上に世の中は深く、リアルですからね」と呼びかけた。

 また、日本でも大旋風を巻き起こしているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」にも言及し「あれが設置されたら、どこで誰が何をしているかわかって、ひとつの箇所に大人数をコントロールして集めることができる。集まったその先で、何が起こるか…テロ対象国・日本としての危機感を持ってください」と忠告。その後も、人工知能と世界の変動について熱弁を振るうと「信じるか信じないかはあなた次第です」と最後はおなじみのフレーズで締めくくっていた。

 同書は、累計300万部を記録する大ヒットシリーズの第6弾。前作に引き続き、AR動画を大幅に取り入れ、AI(人工知能)と人類の未来までを予見した内容となっている。

最終更新:8月4日(木)19時18分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。