ここから本文です

石田スイ氏、『東京喰種』第1話全42ページを新たに描き下ろし

オリコン 8月5日(金)0時0分配信

 漫画家の石田スイ氏が自身の代表作『東京喰種トーキョーグール』の第1話「悲劇」を新たに描き下ろすことが4日、わかった。9月10日の発売『メンズノンノ』10月号(集英社)の別冊付録「東京喰種トーキョーグール[悲劇]#001-2」に収録される。

 2011年9月より『週刊ヤングジャンプ』(同社)で連載がスタートした同作。5年の週刊連載を経て、改めて石田氏がカラーを含め全42ページを描き出す。

 石田氏は「連載が始まってちょうど5年ほどの月日が流れ、まだ作品を読んだことがない人へ改めて何か発信できないかと考え、第1話のリメイクというのを試みてみました。作品を読んだことのある方々にも、新鮮に読んでいただけるものになっている気がしますので、5年前の第1話の絵と見比べながら楽しんでいただければ幸いです」とコメントしている。

 また『メンズノンノ』では、2017年夏に公開予定の実写映画『東京喰種トーキョーグール』で、主人公の金木研(かねき・けん)役を務める窪田正孝、霧嶋董香(きりしま・とうか)役の清水富美加、そして石田氏による鼎談記事が掲載される予定。

 同作は東京を舞台に、人間と、ヒトの形をし、ヒトに紛れ、ヒトの肉を喰らう「喰種(グール)」の対立と共存を描く。14年9月で一度完結し、現在は新編となる『東京喰種トーキョーグール:re(アールイー)』が連載中。これまで2度にわたりテレビアニメが制作された。

最終更新:8月5日(金)0時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。