ここから本文です

栞菜智世「Blue Star」MVにおのののか、“苦悩と葛藤”描く

BARKS 8月5日(金)12時3分配信

栞菜智世が、8月24日に2ndシングル「Blue Star」をリリース。本作より表題曲のミュージックビデオ(edit ver.)をYouTubeにて公開した。

◆「Blue Star」ミュージックビデオ(edit ver.)

おのののかがミュージックビデオに出演するのは今回が初めて。楽曲のテーマである“夢を抱き社会に飛び込んだ女の子が感じる、大人への成長過程での苦悩と葛藤”を演じている。おのは過去に接客業のアルバイトをしていたそうで、アロマオイルショップでの接客シーンでは、実際に経験したことを重ねながら演技していたとのことだ。

また栞菜は、ストリーシーンの撮影当日には自身の撮影パートが無かったものの、撮影現場に同行しておのと初対面。おのから「すごく素敵な歌で聴いた瞬間涙が出そうになりました。」と声をかけられると、恐縮しながらも緊張の糸が緩んだ瞬間となったようだ。

なお、ミュージックビデオの完全版は「Blue Star」初回限定盤に収録される。

  ◆  ◆  ◆

■栞菜智世 コメント
緊張しましたが、記憶が所々ないくらいグッと入り込めたところがあったのでそこは吸収できたかなと思います。自分がいかに前向きになれるか、ちょっとでも光が見えたらそこに向かって頑張っていく真っ直ぐな心だったり…という想いもこの曲に込められているので、少しでも気持ちを明日に向けて思わせてくれるような感情で歌わせていただいたのでそういう所も感じとっていただけたら嬉しいです。

  ◆  ◆  ◆

■おのののか コメント
初めてのミュージックビデオですし、まだ演技も初心者なので、本当にどうしたらよいのかわからない状態で始まったのですが、撮影の前から監督とも何度もお話をさせて頂き初めてでしたが安心して撮影に挑むことができました。

  ◆  ◆  ◆

2nd Single「Blue Star」
2016年8月24日(水)発売
■初回限定盤 CD+DVD UPCH-89286 / ¥1,600+tax ※「Blue Star」ミュージックビデオ完全版収録
■通常盤 CD UPCH-80439 / ¥1,000+tax
「Blue Star」他1曲と、それぞれのinstrumental ver.を収録。
発売元/販売元:ユニバーサルミュージック/ EMI Records

最終更新:8月5日(金)12時3分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。