ここから本文です

スラッシュ、スタントマンのためにエルトン・ジョンの「ロケット・マン」をカヴァー

BARKS 8月9日(火)22時28分配信

スラッシュが、スタントマンEddie Braunのために、エルトン・ジョンから許可をもらい、彼の70年代のヒット曲「Rocket Man」をレコーディングした。

Braunは来月、“Evel Spirit”と呼ぶ1万馬力のロケットを使い、米アイダホ州にあるスネーク・リバー・キャニオン(渓谷)を飛び越えるという離れ業に挑む。ロケットの名前は、デアデビルこと、有名なオートバイのスタントマンだったEvel Knievelにちなんでいる。Knievelは1978年に同じ試みをしたが失敗し、死にそうな目に遭ったという。

スラッシュがマイルス・ケネディ&ザ・コンスピレーターズとレコーディングした「Rocket Man」は、このロケット・プロジェクトのテーマ・ソング+寄付のお礼として使用されるそうだ。

Braunは「ロック・アイコンのスラッシュがEvel Knievelのファンなのを知っていて、彼に連絡を取り、このロケット・プロジェクトに関与することに興味ないか尋ねてみたんだ。そしたら、彼はこれ以上にない素晴らしいギフトをくれたよ。エルトン・ジョンから許可を取り、このプロジェクトのため特別に「Rocket Man」をレコーディングしてくれたんだ」とコメントしている。

9月17日に行われるイベントは、費用をまかなうためBraunが立ち上げたキックスターター・キャンペーン(目標金額15万ドル)に寄付することでストリーミングでき、「Rocket Man」もダウンロードできる。

詳しくは、プロジェクトのオフィシャル・サイト(www.evelspirit.com)まで。

Ako Suzuki

最終更新:8月9日(火)22時28分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。