ここから本文です

イギー・ポップ、ラジオ番組でデヴィッド・ボウイ特集

BARKS 8/9(火) 22:29配信

イギー・ポップが、英国BBCのデジタル・ラジオ局6 Musicの彼の番組『Iggy Confidential』で友人デヴィッド・ボウイ特集を組み、2時間に渡り、彼が選んだボウイのソング26曲をプレイし、それらにまつわるエピソードを語った。

◆イギー・ポップ画像

イギーは「思い出から曲を選出した」といい、選ぶにあたり「紙とペンを取り出し、目を閉じ、異なった時代の好きだったものを思い返した」という。

『Station To Station』(1976年)をレコーディングしたLAのチェロキー・スタジオの奇妙な雰囲気や、ベルリンで午前1時にボウイ、フランク・ザッパとハンバーガーを食べた思い出などについて語った。

イギーが厳選した26曲、プレイリストは以下のとおり。

・Boys Keep Swinging
・Art Decade
・John, I'm Only Dancing(サックス・ヴァージョン)
・Black Country Rock
・Station To Station
・What In The World
・Wild Is The Wind
・Scary Monsters(And Super Creeps)
・The Prettiest Star(シングル・ヴァージョン)
・Moss Garden
・Panic In Detroit
・Dirty Boys
・Moonage Daydream
・Sound And Vision
・Under Pressure
・Diamond Dogs
・Criminal World
・Where Are We Now?
・I Can't Give Everything Away
・Stay(アメリカ版シングル・エディット)
・TVC 15
・Young Americans(シングル・ヴァージョン)
・Golden Years(シングル・ヴァージョン)
・Aladdin Sane
・Dollar Days
・Warszawa

番組は、BBCのウェブサイト(bbc.co.uk/programmes/b07llby4#play)で8月28日までストリーミングできる。

Ako Suzuki

最終更新:8/9(火) 22:29

BARKS

なぜ今? 首相主導の働き方改革