ここから本文です

ルディ・サーゾ、「Soundcheck Live」でフィーチュア

BARKS 8月9日(火)22時33分配信

LA在住ケリー・ローズバンドのギタリスト、ジョニー・ブレイドから直送レポが届いた。

◆ルディ・サーゾ映像&画像

ハリウッドのラッキー・ストライクで毎週行われてる「Soundcheck Live」にて、ルディ・サーゾがフィーチュアされた。クワイエット・ライオット、オジー・オズボーン、ホワイト・スネイク、ディオ…と、その長いキャリアを湛えたものだ。

会場にはルディーが尊敬するランディーローズの兄ケリー・ローズが招かれ、ドラマーにグレン・ソーベル(アリス・クーパー)、ギターにマーク・ザボーン(元ラット、Kill Devil Hill)というメンバーにってクワイエット・ライオットの「バック・トゥーザコースト」「キラー・ガールズ」が披露された。


後半はルディーの弟であるロバート・サーゾ(ハリケーン)、ハウィー・サイモン(アルカトラス、タリスマン)、グレン・ソーベル(アリス・クーパー)、デューイ・ブラッグ(Kill Devil Hill)、スティーブ・ファーラゾ(ヌーノ・ベッテンコート・プロジェクト、アヴリル・ラヴィーン)と共に、オジー・オズボーン「アイ・ドンノー」をプレイ、さらなる盛りあがりをみせた。この曲はルディーがオジー加入時に初めてオーディションで演奏した思い出の曲とのことで、ランディーとの秘話も語られ、ルディー・サーゾにとって、ランディー・ローズの存在が彼のキャリア形成に大きな影響を与えたことを実感させるショーでもあった。

Report/ Photo・Video:Johnny Blade
和訳:Sayaka Shiomi

最終更新:8月9日(火)22時33分

BARKS