ここから本文です

東出昌大が福士蒼汰に恋のアドバイス、映画『ぼく明日』追加キャスト

CINRA.NET 8月4日(木)10時53分配信

12月から全国東宝系で公開される三木孝浩監督の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の追加キャストが発表された。

【もっと画像を見る(7枚)】

七月隆文の同名小説をもとにした『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、京都の美術大学に通う南山高寿と、高寿が通学電車の中で一目惚れした福寿愛美の恋愛模様を描いた作品。高寿役を福士蒼汰、大きな秘密を抱える愛美役を小松菜奈が演じる。

今回出演が明らかになったのは、三木監督の映画『アオハライド』にも出演した東出昌大。高寿の大学の同級生で、恋に臆病な高寿の背中を押す親友・上山正一役を演じる。あわせて高寿と正一の劇中写真も公開された。

■東出昌大のコメント
三木監督はもちろん、プロデューサーやスタッフの皆さんとまた一緒に仕事が出来ることが本当に嬉しかったです。
上山はなかなか演じたことのないおちゃらけた役だったので自分自身も新鮮でした。
福士くんとは親友の役なので、撮影初日からタメ口で話そうと決めたり、ご飯に行ったり、撮影現場も和気あいあいとした雰囲気でとても楽しく撮影できました。

CINRA.NET

最終更新:8月4日(木)10時53分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。