ここから本文です

TPP 説明に全力 「達成感 大変強い」 森山前農相退任会見

日本農業新聞 8/4(木) 7:00配信

 森山裕前農相は3日、東京・霞が関の農水省で退任会見に臨み、農政の大きな節目となったTPPの内容周知や、熊本地震への対応に腐心した302日の在任期間を振り返った。TPP審議や生乳の流通改革など重要課題が残る中での退任だが「達成感の方が大変強い」と語り、今後は一議員として、農家所得の向上に向けて取り組む考えを示した。

 森山氏は、昨年10月のTPP大筋合意のわずか2日後に農相に就任。保秘義務のかかった交渉という性格上現場への周知に力を入れた。ただ、現場にはまだ誤解に基づく批判もあるとし「今後とも国民の皆さんへ丁寧な説明を重ねていくことが大事だ」と強調した。在任期間中に、熊本地震の被災地を含め、23都道県に27回出張するなど、精力的に農業現場に赴いた。

 一方、今後の課題として「最も大事なのは米政策を推進していくことだ」と位置付けた。2018年産からの見直しを前に、主食用米から飼料米への転換が進み「助走期間としての期間、しっかりした対応ができたのではないか」と評価した。

 秋に本格化する資材価格の見直しについては、「(他国と)土壌や生産の仕方も違うので非常に比べにくい面があるが、もう少しやり方があるのではないか」としつつも、「協同組合が主体的に物事を考え、進めるのが大事。役所が命令をするという次元の話ではない」とし、今後の議論の在り方についてやんわりと要望した。

日本農業新聞

最終更新:8/4(木) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。