ここから本文です

錦織は第4シード、リオ五輪シード順発表<男子テニス>

tennis365.net 8月4日(木)9時52分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

国際テニス連盟(ITF)は3日、リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)の男子シングルスのシード順を発表し、錦織圭(日本)は第4シードになった。

【歴代メダリスト一覧】

シード順は以下の通り。

第1シード:N・ジョコビッチ(セルビア)
第2シード:A・マレー(英国)
第3シード:R・ナダル(スペイン)
第4シード:錦織圭
第5シード:JW・ツォンガ(フランス)
第6シード:G・モンフィス(フランス)
第7シード:D・フェレール(スペイン)
第8シード:D・ゴファン(ベルギー)
第9シード:M・チリッチ(クロアチア)
第10シード:R・バウティスタ=アグ(スペイン)
第11シード:P・クエバス(ウルグアイ)
第12シード:S・ジョンソン(アメリカ)
第13シード:P・コールシュライバー(ドイツ)
第14シード:J・ソック(アメリカ)
第15シード:G・シモン(フランス)
第16シード:B・ペール(フランス)

日本勢は錦織の他に杉田祐一(日本)、ダニエル太郎(日本)が出場する。

また、R・フェデラー(スイス)、S・ワウリンカ(スイス)、M・ラオニチ(カナダ)、T・ベルディヒ(チェコ共和国)、D・ティエム(オーストリア)のトップ10のうち5選手が欠場を表明している。

tennis365.net

最終更新:8月4日(木)11時27分

tennis365.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。