ここから本文です

キューティーハニーにも出演、石田ニコルの“ストレス発散法”が激しすぎる

dmenu映画 8/4(木) 21:00配信

10月1日公開の映画『CUTIE HONEY-TEARS-』に出演するモデル・女優の石田ニコル。近未来を舞台に、主人公のアンドロイド“キューティーハニー”を西内まりやが演じ、石田は西内と敵対する悪のヒロイン役で登場します。劇中で見られる2人の激しいアクションや華麗な美女バトルは大きな見どころとなりそうです。透き通るように美しい石田ニコルですが、モデル活動をはじめたころはストレス発散のために、ある解消法を実践していたんだそうです……。

父親の趣味の影響を受けて…

石田ニコルは1990年生まれ、父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフです。2010年の「神コレモデルオーディション2010」で3621名の中からグランプリに輝き、モデルデビューを果たしました。

ファッション誌『sweet』『Ginza』『25ans』などで活躍。「神戸コレクション」はもちろんのこと、上海やシンガポールなど、アジアのコレクションにも出演しています。今年は、スポーツを愛する女の子のためのブランド「Swivel」のイメージモデルとして、健康的な水着姿も披露しています。

本来食べることが大好きな石田はモデル活動をはじめたころ、スタイルをキープするためにストレスが溜まって苦労したんだそう。そんなとき、石田がとった行動はなんと“ヘビメタを爆音で聞くこと”。スリップノットやコーン、モトリー・クルーなど、ヘビメタ系ロック・バンドの音楽が、ストレスを発散させてスッキリした気持ちにさせてくれたそうです。

なんでも、バンドをやっていた父親の影響で幼いころからライブハウスや車の中でヘヴィー・メタルに慣れ親しんだとのこと。もちろん今ではメタルだけではなく、同世代でもある女性ポップ・シンガー、アリアナ・グランデなども好きなんだそうですが、やはり一番の心の支えになるのは、幼少期から聞き込んできたヘビメタらしい……。

女優業もヘビメタが支えてくれる!?

女優として次々と出演作を積み重ねている石田ニコル。映画『パラダイス・キス』(2011)にモデル役で出演すると、フジテレビ系ドラマ「ファースト・クラス」(2014)では、佐々木希と壮絶なトップモデル争いをする悪女、ERENAを演じて一躍知名度を上げました。ちなみにERENAの強烈な性格は、本人とは真逆のキャラだとインタビューで語っています。

“アクションシーンも演じられるように”と、かねてよりキックボクシングのトレーニングも積んでいたそう。『CUTIE HONEY-TEARS-』では念願叶って、アクションも大事な要素となる役を掴みました。セクシーな悪役の雰囲気が出るようにと、スタッフと念入りに相談を重ねるなど、役への拘りを見せています。

同作で演じる“ダークヒロイン”は、もしかしたら彼女の“メタル好き”の一面と通じる部分があるかも? まさかヘッドバンギングしながら登場なんてことはないと思いますが、きっと彼女だけのダークヒロイン像を見せてくれるに違いありません。

(文/岩木理恵@HEW)

最終更新:8/4(木) 21:00

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]