ここから本文です

【高校総体】卓球男子ダブルス 愛工大名電の高見・田中ペアが初優勝 「2人でもぎ取った」

高校生新聞オンライン 8月4日(木)14時30分配信

 全国高校総体(インターハイ)卓球の男子ダブルスが8月2、3日に岡山県総社市のきびじアリーナで行われ、決勝で愛工大名電(愛知)の高見真己(2年)と田中佑汰(1年)のペアが、野田学園(山口)の伊丹雄飛(3年)・沼村斉弥(2年)ペアを3対1で下し、初優勝を果たした。(文・小野哲史、写真・幡原裕治)

最大の山場は同校対決

 優勝を決めた直後、高見は「びっくりしています」と語り、田中は「素直にうれしいです」と感慨深げだった。4回戦までは順調に勝ち上がったが、準々決勝で最初の試練が待っていた。ゲームカウント2対1の10対4、あと1点で勝利だったにもかかわらず、大逆転でゲームを落としてしまったのだ。高見は「自分の情けない部分が出た」と反省したが、「ダブルスは1人じゃない。(最終ゲームは)2人でもぎ取ったという感じです」と、相手に傾きかけた流れを、まさに力を合わせて引き戻した。

 最大の山場となったのは準決勝だ。相手は、前回の覇者で同じ愛工大名電の松山祐季(3年)・木造勇人(2年)ペア。「普段のゲーム形式の練習では負けっぱなし。ほとんど勝ったことがない」(高見)というチームのエースペアに対し、接戦となった第1ゲームを先取すると、落とした第3ゲーム以外は終始、先行して試合を進め、前回王者の連覇を見事に阻止した。

「責任感」「伸び伸び」対照的な2人

 「自分が前にポジションを取って速くさばいて、高見さんが後ろでつないだり決めたりする」(田中)のが2人の必勝パターン。決勝では「(準決勝で下した)先輩がとても悔しそうだったので、自分が絶対に勝たなければいけないという責任感を感じました」と田中は気を引き締め、高見は「ここまで来たら伸び伸びやるだけ」と、逆に肩の力を抜いて自分たちのプレーに徹した。

 チームメイトや保護者たちから祝福の嵐を浴びていた高見と田中だったが、すぐに気持ちを切り替え、「明日の学校対抗(団体戦)でも優勝したいです」と力強く宣言した

高校生新聞社

最終更新:8月4日(木)14時30分

高校生新聞オンライン