ここから本文です

サンフランシスコとの連携スタート--福岡市長・高島宗一郎に聞く“行政によるスタートアップ支援“の形

SENSORS 8月4日(木)15時0分配信

福岡市長の高島宗一郎氏がスタートアップ都市宣言をしてから4年。スタートアップ事業に積極的な姿勢を見せ続けてきた福岡市が、市が運営するスタートアップ拠点「スタートアップカフェ」とサンフランシスコのコミュニティ型ワークスペース「D.Haus San Francisco(以下D.Haus)」との連携を発表した。当連携の発表にあたり、高島市長にインタビューを行った。

【画像5枚】 「福岡市長・高島宗一郎に聞く“行政によるスタートアップ支援“の形“」画像一覧

2015年10月,福岡地域戦略推進協議会(以下FDC)と「D.Haus」を運営するbtrax, Inc.のパートナーシップ協定締結も記憶に新しい中、今回の連携によってどんな新たな可能性が生まれるのか。福岡市が掲げるスタートアップ都市としての未来の形と、福岡市のスタートアップの現状について伺った。

首都でなくても拠点を置く利便性を感じることができたシアトル視察

「最初に刺激を受けたのはシアトルを視察したときでした。首都でなくても、遠く離れた港町、シアトルにアマゾン、マイクロソフト、スターバックスなどグローバル企業が誕生して、今も拠点を構えていることに可能性を感じたことがスタートでした。」と、高島市長は語る。 スタートアップ都市宣言以降、福岡市は市内スタートアップやグローバル展開を視野に入れた企業と共に、様々な海外都市へ現場視察を重ねてきた。そして福岡市のスタートアップ情勢が盛り上がりつつある今、本当の意味でスタートアップが成功するためには何が必要なのか。その答えを探るために、再び北米に渡り、市内スタートアップなどと共にシアトルなどの都市の最先端の現場を視察した。その時に最先端の現場を市内スタートアップなどと共に訪問したのがサンフランシスコに拠点を置くbtrax, Inc.だ。


--今回の連携の目的について教えてください。

高島:国内のスタートアップが海外へ進出する際、まず事業者だけでは現地での繋がりがなく、行った先で情報を思うように得ることが出来ない。これが壁となります。解決するためには、きちんとしたステップを踏んだきっかけ作りがすごく重要です。その架け橋役を福岡市が担おうと考え、今回の連携を実現しました。


今回の連携によって受けることができる具体的な支援内容についても注目したい。まず、福岡市が運営する「スタートアップカフェ」を拠点に、サンフランシスコ周辺の情報収集や、各事業者のビジネスがアメリカ市場でマッチするかどうかを調査することが可能となる。現地へ飛ぶ前に必要な情報を前もって収集できるスムーズな導線を提供することで、現地訪問時には効率的に動くことができる。


高島:「海外を拠点に」とは言っても、海外でオフィスをいきなり借りるというのはとにかくハードルが高い。自分たちのサービスを利用してくれる現地の企業があるのか、そもそも興味を持ってもらえるのか、といった点をもう少し事前の段階で情報収集することができないかと考えていました。今回、「スタートアップカフェ」が「D.Haus」と連携することで、スタートアップが福岡にいながらにしてマッチングできそうなパートナーがいるのか、事業展開の見込みがあるかどうかを知ることが可能になりました。 さらに,現地サンフランシスコで調査などビジネス活動をしたいスタートアップは,「D.Haus」内に設置されたFDCサンフランシスコオフィスを利用することもできます。 実際、「スタートアップカフェ」での海外進出に関する相談件数は,従来は月に4件ほどでしたが,今回の連携によるサービスを開始して以来,ひと月平均30件を超えており、海外と繋がるための前情報を仕入れることにニーズがあった証拠だと言えます。こういったステップを踏むことで海外と繋がるきっかけを手にしてもらいたいです。

1/3ページ

最終更新:8月4日(木)15時0分

SENSORS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]