ここから本文です

【映像】UFO!? 住人の慌てる様子が話題に アメリカ

アフロ 8月4日(木)19時19分配信

 米ウィスコンシン州ミルウォーキーで7月26日、未確認飛行物体(UFO)が目撃され住民が姿を撮影した。
 「エイリアンだ」と興奮し慌てる男性のカメラが捉えた映像には、空に光るオレンジ色の物体が1つ。それは突如5つに分離し、4つ、6つと数を変える。
 「エイリアンだ」、「分かれていく」、「撃ち落とさなければ」、「攻撃だ」、「地球に来た」など近隣住民らと大騒ぎになったが、実はこの物体、同州オシュコシュで開催された航空ショーにて、降下パフォーマンスを行った米陸軍パラシュート部隊「The Golden Knights」の隊員たちだった。隊員たちは降下する際、足に照明をつけて降下していたのだ。
 
 航空ショー開催の情報を知らない住民にとって迷惑極まりない出来事だが、ネット上では男性の慌てぶりが話題になっている。

(アメリカ、ウィスコンシン州ミルウォーキー、撮影:7月26日 映像:Newsflare/アフロ)

最終更新:8月5日(金)10時11分

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。