ここから本文です

KLab LIVE CAMELOT、渋谷の新ライブスペースオープン レセプションパーティ開かれる

MusicVoice 8月4日(木)13時9分配信

 東京・渋谷にリニューアルオープンするライブ・イベントスペース「KLab LIVE CAMELOT(クラブ・ライブ・キャメロット)」のレセプションパーティが3日、おこなわれ、クラブジャズバンドのJABBERLOOPらがパフォーマンスを披露した。

 このKLab LIVE CAMELOTは、KLab Entertainment株式会社によるライブ・イベントスペース事業の第1弾。施設のキャパシティはスタンディングで400人、音響・照明設備は最新鋭のものとなっており、本格厨房も併設されている。

 この日、挨拶に立った同社の奥田昇副社長は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、主要なホールが改修工事などをおこない、ライブ会場が不足する、いわゆる2016年問題や、6月23日に施行された「改正風営法」により条件付きでクラブの24時間営業が可能になったことなどに触れながら、「新しいニーズに応える事業展開になる見通しだ。このスペースを渋谷のランドマークにしたい」と意気込みを語った。

 挨拶に続いて、クラブジャズバンドのJABBERLOOP、男性デュオグループのビーグルクルー、アイドルグループのRY's(リィーズ)、DJユニットのDJG3+NAGISAらのパフォーマンスも披露された。

 音響は低音が効いてパンチのあるサウンドから、綺麗目の楽曲までしっかりと出て、レセプションパーティながら踊っているゲストも。照明のビームやプロジェクタの色彩は鮮やかであった。フロアは椅子やテーブルも用意された内装で、ライブやダンスに対応なだけでなく、今回の様なパーティなどイベントに合わせて様々な演出も可能な様子だった。

 KLab LIVE CAMELOTは8日にオープンする予定。(取材・小池直也)

最終更新:8月4日(木)13時9分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。