ここから本文です

女子は団体初Vかけた4校が準決勝で激突 [インターハイ/テニス]

THE TENNIS DAILY 8/4(木) 8:00配信

 第73回全国高等学校対抗テニス大会および第106回全国高等学校テニス選手権大会(中国インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/松江市営庭球場、安来運動公園庭球場)の2日目は男女団体の3回戦(8ゲームマッチ)、準々決勝(3セットマッチ)が行われ、ベスト4が揃った。

男子準決勝は、岡山理大附vs名古屋、相生学院vs柳川が激突 [中国インターハイ]

 女子のベスト4一番乗りは柳川(福岡)だった。3回戦で奈良育英(奈良)をシングルス2本で下し、続く準々決勝では大商学園(大阪)をダブルスとS2でストレート勝ち。総合力を武器に全国制覇を狙う。

 その柳川と準決勝で対戦するのはトップシードの野田学園(山口)となった。3回戦で仁愛女子(福井)、準々決勝で京都外大西(京都)をともに2勝1敗で破って駒を進めた。両対戦がS2勝負となり、大一番に勝った野田学園・金山晴菜の活躍が光る。プレッシャーも感じる中での勝利に金山は、「仲間の応援が励みになった。みんなの期待に応えることができてうれしい」と安堵の表情を見せた。

 特に、準々決勝の京都外大西・大塚芽生との一戦は熱戦だった。金山は第1セットを2-6で奪われる厳しい展開だったが、その後、「田中(聡規)監督から“3年生最後の大会だから自分の好きなプレーをしてこい”と言われ、うまく気持ちが切り替えられた」と振り返る。攻め急がず、チャンスボールを待った。徐々に動きが鈍くなる大塚を金山は見逃さず、得意のフォアハンドの逆クロスで一気に攻め立て、2セット目以降は6-3 6-4と逆転勝利をもぎ取った。

 トーナメント表の下の山からは、早稲田実業(東京)が4年ぶりの準決勝進出を決めた。シード校の芦屋学園(兵庫)を破って勢いに乗る四日市商業(三重)との準々決勝がもつれた。

 S1を先勝したのは四日市商業の1年生エース吉岡希紗だったが、早稲田実業はダブルスの矢間美帆/櫻井雪乃が大浦玲奈/原田真実子を6-4 5-7 6-3で制すると、S2の倉持美穂にバトンをつなぎ、その倉持が吉田明日香を6-4 7-5で破った。主将で3年生の倉持は、4強入りについて「この大会は一試合ずつ勝利を重ねてきた。自分を信じて、仲間を信じて…明日も今まで同様に戦いたい。そうすれば優勝も見えてくる」と語った。

 準決勝の残る1枠は、沖縄尚学(沖縄)が手にした。東大津(滋賀)、松商学園(長野)と破り、過去のインターハイ最高成績のベスト8(昨年)を今大会でついに越えた。チームの中核は3年生の下地奈緒。S1を務める下地は春先からプレーに安定感が増してチーム力も高まった。今大会は負けなしの活躍だ。平良和己監督は「ここまで勝ち上がれば、どの相手も強くなる。明日も自分たちのプレーさえできれば勝機はある」と初優勝に意欲を見せる。

 準決勝は野田学園vs柳川、早稲田実業vs沖縄尚学、どの高校が優勝しても“インターハイ団体初V”だ。男女とも準決勝は松江会場で9時からスタートし、その後、決勝が行われ、今年の団体優勝校が決まる。

(テニスマガジン/編集部◎中野恵太)

最終更新:8/4(木) 8:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]