ここから本文です

生田斗真、YOSHIKIの食事会に誘われるも…緊張で出席できず

MusicVoice 8月4日(木)15時40分配信

 俳優の生田斗真(31)が過去に、X JAPANのYOSHIKIの食事会に誘われたものの、緊張のあまり仕事があると嘘をついて断っていたことを明かした。生田は「次の機会は是非行かせて頂こうと思っています」と話し、憧れの人との初対面に前向きな姿勢を見せた。

 3日放送された、フジテレビ系『TOKIOカケル』にゲスト出演し、番組MCを務めるTOKIOのメンバーからの質問にNGなしで率直に答えた。

 その中で、TOKIO松岡昌宏から憧れが強すぎると実際に会って失望することもあるし、逆にやっぱり会って良かった、面白いと思えることもあるという前置きの上で「会いたいけど、会えない人いるがいるか」という質問に、生田は「僕はX(JAPAN)のYOSHIKIさんですね」と答えた。

 生田は一度、YOSHIKIから食事をする場に誘われたことを明かし「ものすごい興奮したんですよ、お見かけしたこともなくって。うわ、どうしようって混乱して“会えないな”って思ってしまった」と当時の興奮を振り返った。結局、仕事があると偽り、断ってしまったという。

 TOKIO長瀬智也からは「それは会うのが怖いみたいなこと?」と当時の心情を聞かれると「緊張もそうだし…」と憧れの大きさに押しつぶされてしまった当時の心境を吐露した。

 更に、TOKIO国分太一には「(YOSHIKIに)また行こうよって言われたらどうする?」と尋ねられると、「その後、YOSHIKIさんから『次回はぜひ来てくださいね』って言ってたよと伝言を授かったので、次の機会は是非行かせて頂こうと思っています」と前向きな姿勢を見せた。

 その生田は、2008年7月に放送されたTBS系『はなまるマーケット』に出演した際、自身の持つX JAPANのCDやDVDの写真を公開し、ファンであることを語っていた。

最終更新:8月4日(木)15時40分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。