ここから本文です

小田急と京王の乗換駅、下北沢に中間改札がないのはなぜ?

乗りものニュース 8月4日(木)20時0分配信

小田急の一部だったこともある井の頭線

 小田急線と京王井の頭線が乗り入れる下北沢駅(東京都世田谷区)ですが、かつては小田急線ホームの真上に井の頭線の高架ホームがありました。両線のホームは近く、さらに小田急電鉄と京王電鉄とで会社が異なるにもかかわらず、中間改札は設けられていませんでした。

 2013(平成25)年に小田急線の下北沢駅を含む区間が地下化されましたが、このタイミングにおいても中間改札は設けられることなく、現在もないまま。これには、両線をめぐる“ある歴史”が関係しているようです。

 京王井の頭線は、1933(昭和8)年に帝都電鉄の路線として開業。2線が交わる下北沢駅は小田急線との乗り換え駅になりました。その後の1940(昭和15)年、帝都電鉄は小田原急行鉄道(後の小田急電鉄)に合併されたことで「小田急帝都線」になります。

 しかし小田急も戦時中の1942(昭和17)年、陸上交通事業調整法により京浜電気鉄道(後の京急)とともに東京横浜電鉄と合併し東京急行電鉄に。このときさらに、帝都線の名称は「井の頭線」に変わります。1944(昭和19)年には京王電気軌道が東京急行電鉄と合併、1945(昭和20)年には相模鉄道の経営が東京急行電鉄に委託されました。

 そして戦後。井の頭線と京王線を運営する企業として1948(昭和23)年、東京急行電鉄から京王帝都電鉄(現在の京王電鉄)が分離し、これ以降、井の頭線が小田急に“復帰”することはありませんでした。

 現在の下北沢駅に中間改札がない理由について、小田急電鉄の担当者は「利便性の向上が目的」と説明します。しかし以上のような歴史的経緯を踏まえると、中間改札がないのは、井の頭線が「小田急帝都線」であったことの名残ともいえるかもしれません。

青山陽市郎(乗りものニュース編集部)

最終更新:8月4日(木)21時6分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]