ここから本文です

レスター、岡崎&ムサのコンビが躍動するも…… スアレス&ムニル弾でバルセロナが競り勝つ

theWORLD(ザ・ワールド) 8/4(木) 8:10配信

ムニル「第4のFW」にアピール

現地時間3日、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)でプレミア王者のレスター・シティとリーガ王者のバルセロナが対戦した。試合はスウェーデンのフレンズ・アレーナで開催され、レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司はベンチスタート。休暇から復帰したバーディと、アーセナルへの移籍が噂されるマフレズが先発で起用された。

ボールを保持するバルセロナに対して守備ブロックをつくってカウンターを狙うレスターだったが、、FWリオネル・メッシへのプレスがあまく決定機を作られてしまう。26分、メッシが右サイトバックのシンプソンを背後を狙ってスルーパスを送り込むと、これに反応したFWムニルがゴール右隅に流し込んで先制点を奪う。

さらに34分、メッシから浮き球のパスを受けたFWスアレスは、ボックス内の深い位置でDFフートとDFチルウェルの2人のドリブルでかわして右足アウトサイドで押し込み追加点を重ねた。そして前半終了間際にも、メッシのドリブルでの持ち上がりからスアレスへとパスを繋ぐと、スアレスがゴール前のムニルへピンポイントクロスを送り込む。これをトラップしたムニルがゴール左隅に蹴りこんでリードを3点差に広げた。

前半だけで大きく点差を広げられたレスターは、バーディとマフレズを下げて前線の2トップに岡崎とムサを送り込む。すると48分、岡崎が前線で起点となってボールを受けムサにはたくと、ムサはハーフウェイライン手前からスピードに乗ったドリブルを仕掛け、バルセロナのディフェンスラインを突破し1点を返す。さらに67分、レスターは前線から積極的に守備を仕掛けると、右サイドのシュラップがカマラからボールを奪取。シュラップのパスをゴール前で受けたムサが豪快なシュートを突き刺して1点差に詰め寄る。

勢いに乗って攻めこむレスターだったが、こぼれ球を押し込まれる形で途中出場したバルセロナのムヒカに試合を決定づける4点目を奪われる。試合はそのまま終了し4-2のスコアでバルセロナがレスターに勝利した。

ネイマールがリオデジャネイロオリンピックに出場するため、出場機会を得たムニルが2得点を決め猛アピール。後半バルセロナに1点差まで迫ったレスターは、UEFAチャンピオンズリーグに挑戦する新シーズンに向け手応えを掴んだに違いない。

[スターティングメンバー]
バルセロナ:マシップ、A・ビダル、マルロン、マテュー、カマラ、セルジ・ロベルト、デニス・スアレス、アルダ、メッシ、スアレス、ムニル

レスター・シティ:ツィーラー、シンプソン、フート、モーガン、チルウェル、オルブライトン、ドリンクウォーター、キング、グレイ、マフレズ、バーディ

[スコア]
バルセロナ 4-2 レスター・シティ

[得点者]
バルセロナ:ムニル(26、45)、スアレス(34)、ムヒカ(84)
レスター・シティ:ムサ(48、67)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/4(木) 8:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報