ここから本文です

今週末開幕!安室、リオ五輪の女神に!?テーマ曲が開幕前にもかかわらず2部門で1位に輝く

E-TALENTBANK 8/4(木) 17:40配信

先週7月27日に発売した安室奈美恵の最新曲「Hero」が、大手音楽配信サイト「レコチョク」でシングル・着うたチャートともに堂々の週間1位を獲得した。

「Hero」は、NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングに決定しているが、今回の配信チャート1位獲得は、リオ五輪の開幕前。楽曲自体への評価と、オリンピック・パラリンピックを彩る1曲として期待の表れともとれる。

ネット上でも絶賛の声が多い。NHKの関連番組以外にも、ラジオや有線などでも既にオンエアされ、ネットでは「鳥肌が立った」「歌詞に感動」「MVが女神のみたい!」など絶賛の嵐だ。

同曲は、神聖なオリンピックを象徴するかのように、スローテンポで荘厳なオープニングから、一転、安室らしいダンサブルなリズムと、ストリングスが重なり合ってゆく熱狂の中盤、そして、幅広い世代の人達が参加したコーラスが鳴り響く感動的な終盤へと次々に世界観が変化していく。

どの競技のどんな場面でも、ドラマティックに響く見事な楽曲構成で、オリンピック・パラリンピックのあらゆるシーンを華やかに彩るだろう。

今週末から開催されるリオ五輪に向け、“早くも”話題となっている「Hero」。この楽曲と共に、オリンピアンに新たなヒーローが生まれることも期待したい。

最終更新:8/4(木) 17:40

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]