ここから本文です

乃木坂46・若月佑美、愛に生きる女の壮絶人生に挑む心境を告白。「正直、めちゃくちゃビビっております。笑」

E-TALENTBANK 8月4日(木)17時42分配信

8月4日、舞台「嫌われ松子の一生」で、主演の川尻松子役を務めることが発表となった、乃木坂46の若月佑美がその心境をブログに綴った。

若月は、4日に更新したブログで「'舞台 嫌われ松子の一生'の川尻松子役を桜井玲香とダブルキャストでやらせて頂くことになりました!!!」と報告。作品の知名度や過去のドラマ化・映画化・舞台化にも触れ「沢山の方がこの作品の存在を知っている今 松子役をやること...正直、めちゃくちゃ ビビっております。笑
が共にめちゃくちゃ楽しみでもあります。」と、率直な心境を告白した。

そして、最後には「未熟者なので色々と不安を吐露し始めたらキリが無いのですがとにかく絶対観に来て欲しい!!本番までには 必ずそう言えるような作品にします。」と強い決意の言葉も記していた。

これに対してファンからは、「舞台おめでとうございます!!!絶対時間作って観に行きます!」「舞台のお仕事ほんとに良かったね!」「佑美ちゃんも身体には気をつけて!!!」「ゆみちゃんらしく演じて頑張ってね!大丈夫だよ~」と激励のコメントが次々と寄せられていた。

また、8月5日からは、若月佑美がパーソナリティーを務めるTOKYO FMの新番組『佐川急便 presents ココロの宅配便』の放送もスタートする。

最終更新:8月4日(木)17時42分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。