ここから本文です

iPhone 7の噂からパーツリークまで、全部まとめました

ギズモード・ジャパン 8月4日(木)21時40分配信

ブラックモデル、くるかな~。

今年もやってきました、iPhoneの秋! 2007年に初代モデルが登場してから毎年進化を続けてきたiPhone。今年登場する次期iPhoneはどんなものになるのでしょう?

この記事ではこれまで登場してきたさまざまな次期iPhoneの噂やリーク画像をまとめてみました。これらの情報は公式のものではないので、参考までに楽しんでくださいね!

名前は何に?

去年登場したのがiPhone 6sだから、今年はiPhone 7? 多くの情報では、今年登場するのはiPhone 7とiPhone 7 Plus、そしてもしかしたらiPhone 7 Proの2~3ラインナップだと予想しています。しかし、apfelpage.deによれば、今年登場するのはiPhone 6 SEだという予測もあります。

さらに2017年に登場する新型iPhoneには、有機ELディスプレイや全面ガラスデザインなどのメジャーアップデートがやってくるとの噂もあります。そこで、iPhone 7の名前は「来年に持ち越される」という噂もあります。

ま、多分今年の次期iPhoneが「iPhone 7」になると思いますけどね。

デザインはどうなる?

iPhone 6とiPhone 6sからのデザイン変更が期待されるiPhone 7ですが、残念なことにiPhone 6sとほぼ同一デザインになるという見方が一般的です。

本体は金属製で液晶ディスプレイを搭載し、本体前面はガラス製…と特に前モデルから変わるところはないのですが、The Wall Street Journalの6月の報道によればiPhone 7は1mm薄型化します。これは市場にあるスマートフォンに比べてすごく薄いってわけではないのですが、ケースの買い替えが必要になるかもしれません。

さらにこの薄型化により、イヤホンジャックが廃止される可能性があります。新型iPhoneからイヤホンジャックがなくなるという噂は2014年からあり、またLightningからイヤホンジャックへの変換アダプタが登場するという情報もあります。これまでもイヤホンジャックのないiPhone 7のパーツリークはたくさん登場しており、この情報はかなり確度が高そうです。

さらに、iPhone 7の「Lightningからイヤホンへの変換アダプタ」らしき画像もすでに流出しています。あの世のジョブズがこのような周辺機器の存在を許すかはさておき、安価な解決策であることは確かです。また、イヤホンジャックがなくなるかわりにセカンドスピーカーが搭載される可能性があります。ただ、これがiPad Proのようなステレオスピーカーなのかは不明です。

さらに、iPhone 7のホームボタンは沈まないタッチ式になるという噂もあります。くわえてこの新ホームボタンには触れた強さを検知する「Force Touch機構」が搭載されるかもしれません。

そして背面部分では、iPhone 6で本体を横切っていたアンテナ線が縁へと移動します。さらに、カメラ穴の出っ張り具合もiPhone 6sから変わるようです。

1/3ページ

最終更新:8月4日(木)21時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]