ここから本文です

インターハイ、相生学院が名古屋下し優勝 4年ぶり2度目V<テニス>

tennis365.net 8月4日(木)15時51分配信

平成28年度全国高等学校総合体育大会

高校日本一の座をかけたインターハイ(平成28年度全国高等学校総合体育大会)は競技3日目の4日、松江市営庭球場(島根県/松江市、砂入り人工芝)にて男子団体の決勝戦が行われ、相生学院(兵庫)が名古屋(愛知)を2-0で下し、4年ぶり2度目の優勝を果たした。

【インターハイ 対戦表】

ダブルスでは大野翼/ 金子拓矢組(相生学院)が川島颯/ 大窪広海組(名古屋)をストレートで下して1勝をあげると、シングルス1にはチームの大黒柱である大島立暉(相生学院)に代わり、1年の阿多竜也(相生学院)が登場。大島は、テーピングをしてベンチコーチに入っていた。

シングルス2では、春の選抜個人戦で優勝を果たした菊地裕太(相生学院)が1年生の高羽蓮(名古屋)を圧倒し、見事優勝を決めた。

相生学院は、準決勝で柳川(福岡)を2-0で破っての勝ち上がり。

今年3月に行われた第38回全国選抜高校テニス大会では、準決勝で湘南工大附(神奈川)に敗れてベスト4に終わっていた。

昨年は西宮甲英(兵庫)が出場したため、相生学院はインターハイに出場していなかった。

相生学院は、プロテニス選手の斉藤貴史(日本)を輩出している。

一方、準優勝となった名古屋は、決勝で相生学院を破ると6年ぶり5度目の優勝だった。

昨年の団体戦男子決勝では西宮甲英(兵庫県)が清風(大阪府)を下し初優勝の快挙、女子団体決勝では相生学院が京都外大西(京都府)を下して高校日本一となった。


【相生学院(兵庫) 2-0 名古屋(愛知)】

[ダブルス]
大野翼/ 金子拓矢 6-3, 6-2 川島颯/ 大窪広海

[シングルス1]
阿多竜也 6-3, 4-5 打ち切り 酒井来征

[シングルス2]
菊地裕太 6-1, 6-2 高羽蓮


今大会は3回戦まで8ゲームズプロセットで行われ、準々決勝からは3セットマッチで行われた。

tennis365.net

最終更新:8月4日(木)15時56分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]