ここから本文です

ポグバとヴィツェルは同レベル ゼニト指揮官「ヴィツェルとポグバの間に大きな差は見られない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月4日(木)9時40分配信

ただの穴埋め選手ではないと才能を評価

ユヴェントスの獲得リストに浮上しているゼニトMFアクセル・ヴィツェルは、あくまでも移籍が噂されているポール・ポグバや負傷離脱しているクラウディオ・マルキジオの代役と捉えられている。しかし、ゼニト指揮官のミルチェア・ルチェスクは、ヴィツェルがポグバとも大差ないMFだと考えている。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、同指揮官はヴィツェルが中盤のあらゆる役割をこなす能力を持っていると評価。EURO2016でポグバが思うような活躍ができなかったことを含め、ヴィツェルがポグバの穴埋め程度で終わる選手とは考えていないようだ。

「彼は万能型のMFだ。ピッチを広くカバーできるし、中盤のあらゆるポジションをこなせる。それにパートナーも選ばない。テクニックも素晴らしいよ。両足でもプレイできるし、マルキジオの役割もできる。同時に攻撃に特別なものを与えることもできる。彼はペナルティエリア内でも強さがあるからね」

「実際、私はヴィツェルとポグバの間に大きな差は見つけられない。年齢以外はね。今夏のEUROでのポグバは新しい役割に素早く適応することに失敗したが、ヴィツェルなら問題はなかっただろうね」

同指揮官はヴィツェルのユヴェントス行きは不透明との認識を示しているものの、本人が退団したがっていることは認めている。ユヴェントスやサポーターの認識ではヴィツェルはポグバの穴埋め程度に考えられているはずだが、ヴィツェルはポグバと同クラスのMFなのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月4日(木)9時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]